国民健康保険に加入すると国民健康保険税を納めなければなりません。
 納められた国民健康保険税は、国の補助金などと合わせて皆さんの医療費などに充てられます。
 国民健康保険税は国保運営の大切な財源となるものですので、必ず納期内に納めてください
保険税率
*玉東町の税率は下表のとおりです。
   医療保険分
(0歳〜74歳)
後期高齢者支援分
(0歳〜74歳)
介護保険分 
(40歳〜64歳)
所 得 割   8.59%  1.41% 2.21% 
資 産 割  38.21%  6.27% 10.26% 
均等割(一人につき)  24,300円 4,000円  8,500円 
平等割(一世帯につき)  22,600円 3,700円   5,000円
課税限度額  540,000円 190,000円 160,000円 

※算出税額で限度額を超えた分は課税されません。
※所得割=前年中の所得−330,000円(基礎控除額)
*国民健康保険税に含めて介護分を納付していただくのは、40歳から64歳までの方です。

*国民健康保険税は、世帯主が納税義務者です。
  世帯主が国民健康保険に加入していない場合でも納税義務者になります。
保険料軽減
国民健康保険税には、所得が低い世帯への税負担を軽減する目的で、均等割りと平等割について下記のような軽減があります。
・2割軽減
   世帯の合計所得が、49万×(被保険者数+特定同一世帯所属者数)+33万以下の世帯   
・5割軽減
   世帯の合計所得が、27万×(被保険者数+特定同一世帯所属者数)+33万以下の世帯
・7割軽減
   世帯の合計所得が、33万以下の世帯
特別徴収について
国民健康保険には、納付書や口座振替による普通徴収と年金から天引きをする特別徴収があります。
特別徴収を行う世帯については、下記の用件を充たす世帯が自動的に対象になります。
1.国民家健康保険の加入世帯の世帯主と加入者が65歳から74歳までの方
2.世帯主の年金受給額が年額18万円以上のとき
3.介護保険料と国民健康保険税の合計額が年金受給額の2分の1を超えないとき
特別徴収と口座振替の選択制について
 65歳以上の方で、国民健康保険税の支払方法が特別徴収(年金天引き)に該当される方については、申し出により口座振替に変更できます。
「変更申出書」
 口座振替への変更を希望される方は、引き落とす口座の預金通帳と印鑑をご持参ください。
 ただし、これまでの納付状況等から口座振替への変更ができない場合もあります。
 なお、口座振替の対象金融機関は下記のとおりです。
   ・ゆうちょ銀行・郵便局
   ・肥後銀行
   ・熊本銀行
   ・玉名農業協同組合