社会教育


町民一人一人が、自己の人格を磨き、豊かな人生を送ることができるよう、あらゆる機会を利用した生涯学習を進め、時代に対応できる知識の習得に配慮しながら、その成果を適切に生かすことのできる社会の実現に努めます。特に、郷土の歴史や地域性を活かした地域づくりの充実を図りながら、青少年の健全育成、芸術・文化の振興及び文化財の保護と活用を重点とした社会教育を進めます。また、学校教育と社会教育とが一体となり地域・学校・家庭との連携を密にし、地域全体の教育向上に努めます。その他、総合スポーツクラブの運営を通して、年齢に応じた健康でたくましい身体、健やかな精神の育成に努めます。


社会教育目標

 【家庭】

○「くまもと家庭教育支援条例」に基づき、家庭教育を支援する

○家庭の教育力を高めるための学習・啓発活動を推進する

○『しつけの原点は家庭から』家族みんなで支え合い、育ち合う家風をおこす(くまもと家庭教育10ヶ条の活用)

○『早寝・早起き・朝ご飯』子どもの基本的な生活習慣育成をめざす

○家族ぐるみの読書活動とその習慣化を図る(ノーテレビ・ノーゲームデーの推進)

 

【地域】

○学習機会の提供と支援に努める

○自治意識の高揚と地域連携の強化

○総合型スポーツクラブの推進

 

○地域ぐるみ青少年健全育成体制の確立

○芸術・文化活動の充実と情操豊かな町民の育成

○文化財の保存・活用を図り、郷土を愛する心の育成

○地域の歴史・文化への啓発活動の推進

○地域と日常生活に根差した民俗行事の伝承

 

【人権意識の充実】

○基本的人権の尊重と人権意識の高揚

○人権・同和問題に対する実態の把握と実践の深化

○児童生徒の実践力の育成

○『あいさつ運動』の活性化

○すべての教育活動における取組の強化

○人権文化の創造に向けての啓発活動の推進


 
通学合宿
 
成人式

 
町民体育祭

 
放課後子ども教室



TOPへ