玉東町通学路交通安全プログラム



玉東町通学路交通安全プログラムを策定しました。


 平成24年、全国で登下校中の児童生徒(以下「児童等」という。)が死傷する事故が相次いで発生したことから、平成25年8月24日に町内2小学校の通学路において関係機関(熊本県土木事務所、玉名警察署、関係地区区長、小学校職員、PTA関係者、町建設課、町教育委員会)により緊急合同点検を実施し、終了後の対策会議を開催し、必要な対策内容についても関係機関で協議しました。
 引き続き通学路の安全確保に向けた取組を行うため、このたび、関係機関の連携体制を構築し「玉東町通学路交通安全プログラム」を策定しました。
今後は、本プログラムに基づき、関係機関が連携して、児童等が安全に通学できるように通学路の安全確保を図っていきます。

  玉東町通学路交通安全プログラム(PDF)



通学路要対策箇所一覧表・対策箇所


  平成28年度通学路要対策箇所一覧(PDF)



平成24年度に実施した通学路点検について